top of page

お菓子用とパン用の米粉と取扱い

更新日:2020年5月26日

米粉の取り扱い

お菓子屋パンに使う米粉は粒子が細かく、湿気や高温に弱いです。

開封後は

・密封する・

・なるべく早く使用する

・乾燥材をいれる

などしています。


夏や梅雨の時季は特に注意が必要です。


お菓子に使う米粉

うるち米の粉できめの細かい製菓用米粉を使用します。私が主に使用しているのは秋田こまちの粉「マイドルチェ」をです。一般に販売されている米粉の中では微細粒でシフォンケーキ、スポンジケーキなどがふっくらしっとりと仕上がります。

インターネットで購入できます。私はお菓子の材料などが豊富に揃うcottaさんで買っています。

参考

cotta


















米粉のパンに使うの粉

今のところシンプルな食パンを中心に作っていますが

主に

・ミズホチカラ(TOMIZさんやインターネットで購入可能)

・マイベイクドフラワー(インターネットで購入可能)

を使っています。


ミズホチカラ(製パン用)

熊本県産ミズホチカラの粉。米粉のために開発された品種です。

(製菓用もあるので注意が必要です)

粉にする時のデンプンの損傷が少ないところが

特にパンに向いているそうです。

(デンプンが損傷すると重いパンになりやすい) 成功するとふっくら、ほどよくもっちりしたパンになります。

比較的高さのある食パンなどを焼きたいときは

ミズホチカラが向いているようです。

ただ時期やシーズンによっても個体差があり、

同じように焼いてもうまくいかないことがあります。













参考購入先

TOMIZ

熊本製粉


マイベイクドフラワー

秋田こまちが原料の微粉砕米粉です。

パンがおいしく焼けるようにα化した粉をブレンドされた米粉。

こちらも成功するとしっとりもっちりのおいしいパンが焼けます。











参考購入先

cotta

mamapan


上記の粉以外でもおいしくできるものはたくさんあると思います。

米粉により水の量や向いているレシピが違ってくるので

少しずつ検証していきたいと思っています。










閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page